読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のおうちごはん -簡単な料理レシピと節約アイデア-

素朴だけど和食中心の体にやさしいおうちごはんのレシピを簡単に紹介してます。残ったおかずを活用して節約する方法も書いています。

≪広告≫



4/21今日の夜ごはんとおから(卯の花)のレシピ

おうちごはん

今日の夜ごはん

f:id:katakotoya:20160421153952j:plain
●ほっけの干物
●オニオンスープ
●こんにゃくの甘辛煮
●おから(卯の花)
●お葱とこんにゃくの炒め物(味噌味)

新玉ねぎがたくさん手に入ったのでオニオンスープを作ってみました。

新玉ねぎをじっくりじっくり飴色になるまでバターで炒めます。

この作業は根気が要りますが、美味しいスープの為に気合い入れます。

頑張った甲斐あってみんなに好評でした。

シンプルなお料理も美味しいですが、手の込んだお料理はまた一味違いますね。

手の込んだお料理ついでにおから(卯の花)のレシピを紹介します。


お野菜たっぷりヘルシーでしかも冷凍保存できます。

おから(卯の花)

f:id:katakotoya:20160421154103j:plain

材料

おから
にんじん
ごぼう
れんこん
さつまいも
おねぎ
乾燥しいたけ
糸こんにゃく(冷凍保存する場合はこんにゃくは使わない)
鶏ひき肉
みりん
お醤油
だし

作り方

にんじんは千切りにします。
ごぼうはささがきにします。
れんこんはいちょう切りにし酢水に浸けます。
さつまいもは約1㎝のさいの目に切り水に浸けておきます。
おねぎは小口切りにします。
乾燥しいたけはお湯で戻しておき戻ったら細切りにします。戻し汁は取っておきます。
糸こんにゃくは短く切り、下茹でします。
おから以外の材料をお鍋に入れ材料がひたひたにつかるまでお水を入れます、その中にしいたけの戻し汁、だしを入れて火にかけます。
煮ている間にフライパンでおからを乾煎りをします。
具が煮えたらみりん、お醤油で味付け(普段の煮物より濃いめ)し5分程煮ます。
乾煎りしたおからを具を煮ているお鍋の中に入れます。
おからが一気にだし汁を吸い取っていくので焦がさないように均等に混ぜたらできあがりです。

ポイント

●具を煮る煮汁は後でおからを足すと薄くなってしまうので濃いめに味付けしてください。

●おからはしっかり乾煎りして下さい。水分が飛んでいないとうまくだし汁を吸い取ってくれませんし何より腐りやすくなります。

●おからを入れた時に煮汁を全て吸い込んでくれなかった時は、煮汁が多すぎです。
この時はおからを足すかキッチンペーパーなどで吸い取るか、ザルにあけてだし汁を切って下さい。ボウルをザルの下に置いてだし汁を切るとだし汁を取っておくことができます。このだし汁で煮物を作るととてもおいしいですよ。

●おからを煮汁に入れた途端一気に吸い込みますので素早く混ぜて下さい。

●冷凍保存する場合は、食べる分ずつラップで包んで保存します。解凍するときは冷蔵庫に入れてゆっくり解凍して下さい。

おからの美容効果

おからにはダイエットに効果的な栄養素の食物繊維たんぱく質イソフラボンサポニンレシチンなどの栄養が豊富に含まれています。
食物繊維で腸内が綺麗に、イソフラボン効果で美肌に近づけます。

だしは下記を参考にして下さい。
beauty.chienokobako.com