読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のおうちごはん -簡単な料理レシピと節約アイデア-

素朴だけど和食中心の体にやさしいおうちごはんのレシピを簡単に紹介してます。残ったおかずを活用して節約する方法も書いています。

≪広告≫



さといもの煮物

もっちりおいしい

さといもの煮物

f:id:katakotoya:20160428171633j:plain

材料

さといも
みりん
お醤油
だし

作り方

さといもの皮を剥きます。

お鍋にさといもを入れ、お水を入れます(さといもが半分浸かるくらい)。

蓋をせずに中火で火にかけます。(蓋をすると、すぐアワアワになってふきこぼれてしまうので蓋は閉めません)

ぐつぐつなってきたら、だし、みりん、お醤油で味付けします。

弱火にして落とし蓋をして、さといもが柔らかくなるまで煮ます。

柔らかくなったらできあがりです。

ポイント

●さといもは蓋をするとふきこぼれてしまうので、落とし蓋をするとそれを防ぐことができます。

●落とし蓋が無い時はクッキングシートをお鍋の大きさに切って真ん中に十字の切り込みを入れたら落とし蓋の代わりにする事ができます。

●さといもの煮物は、味が染み込むほど美味しくなりますので常備菜、作り置きおかずとしてもどうぞ。

●お弁当のおかずとしてもどうぞ。

さといもの美容効果

●さといものヌメヌメした成分は「ムチン」と呼ばれる糖とタンパク質が結合したものです。
納豆・オクラ・ヤマイモなどにも含まれています。

●ムチンは胃腸などの粘膜保護や瞳の潤いを保つ働きがあります。

●美肌を作る工場と呼ばれる肝臓の機能を高める効果があります。肝臓は体の毒素を解毒する機能があります。

●美肌のために欠かせない腸内環境を整える効果があります。

●ムチンにはタンパク質を分解する酵素が含まれているので、摂取したタンパク質をしっかりエネルギーに変換できるので疲労回復、ダイエットにも効果的です。

だしについてはこちらを参考にして下さい。
beauty.chienokobako.com