読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のおうちごはん -簡単な料理レシピと節約アイデア-

素朴だけど和食中心の体にやさしいおうちごはんのレシピを簡単に紹介してます。残ったおかずを活用して節約する方法も書いています。

≪広告≫



簡単たけのこの下処理の方法

やってみると意外と簡単

たけのこの下処理の方法

たけのこ下処理のための材料と道具

たけのこ

米ぬか

大きなお鍋

 

たけのこの下処理の手順

お鍋にたっぷりお湯を沸かします。

たけのこの泥を洗います。

たけのこの先っちょを斜めに包丁で切ります。

縦に切り込みを入れます。

下の絵を参考にして下さい。

f:id:katakotoya:20160507160219j:plain

 

お湯が沸いたら米ぬかを入れたけのこを入れて茹でます。

40分程茹でて下さい。

たけのこの根元に竹串がすっと入ったら茹で上がりです。

たけのこをお鍋に入れたままお鍋の蓋をして冷まします。

冷めたらたけのこをお鍋から取り出し、皮を剥いて洗ってできあがりです。

 

たけのこの下処理のポイント

●たけのこは鮮度が命。購入したその日か翌日には下処理して下さい。

●米ぬかはたけのこが売っている側に大抵置いてあります。

●たけのこは先っちょでもとっても硬いので、切る時は怪我をしないように気を付けて下さい。

●たけのこがお鍋に入らない場合は半分に切っても大丈夫です。

●米ぬかが無い場合はお米の研ぎ汁でも対応できます。

●たけのこはお湯が熱い時に取り出してはいけません。熱いうちに取り出すとえぐみが残ってしまいます。(母に教わりました。)

●たけのこは茹でるのに時間がかかります。私は夜ご飯の片付けをしながらたけのこを茹でます。そして寝ている間にお鍋のお湯を冷まします。朝にはお湯が冷めていて、たけのこがすぐ使える状態になっています。

 

難しそうなたけのこの下処理ですがやってみると意外と簡単です。

たけのこの水煮を買うのもいいですが、生のたけのこは新鮮でやっぱり美味しいです。ぜひ一度チャレンジしてみて下さい。